日本の工業を支える中小企業

工業とは日本産業分類に基づく業種のひとつで、おもに製造業を指します。製造業とはものづくりに関わる企業の総称であり、自動車や航空機、電気機器などの部品を含め、それらを生産・加工・組み立てることにより、ひとつの製品を作り出し、消費者がそれを利用するという流れです。工業に携わる人の仕事の内容はさまざまですが、素材から一つひとつに付加価値を加え、最終製品まで仕上げるという過程は、他の業種には見られない達成感があります。ものづくりのメッカは、名古屋圏・大阪圏・東京圏が有名ですが、日本の製造業を支えているのは大企業のすそ野に広がる中小企業です。日本に存在する企業数は、約385万社という統計データがありますが、その9割以上が中小企業であり、日本のものづくりを支える縁の下の力持ちのような存在と考えられます。

どの様仕事を探しますか

仕事を探すときにどのような仕事をさがしますか。自分の専門ジャンルから探すと思いますが、どんな専門分野の出身かで決まります。それが工業系の出身でお話します。この分野では、工場などの作業現場の募集がかかります。工業系では一番多い就職先になります。大手の会社に入社希望の方は大勢の中から選ばれるため、選考に気合いを入れて望まないといけません。自分の知識や経験を充分書き入れた履歴書の作成には、力をいれましょう。これがキーポイントになります。面接官にこいつは一味違うと思わせるような内容文にする方法も取り入れて作成してください。

↑PAGE TOP